アパレル営業の仕事内容や口コミを見ていきましょう。人と喋ることが好き。ファッションが好きな人には天職!

アパレルの営業職の仕事内容は?

アパレル業界の営業職はどのような仕事をするのでしょうか。

アパレル業界においてはプレス担当も営業をすることがあるのですが、プレスの場合は営業先が雑誌やテレビといったメディアになります。

営業職は直接自社の商品を販売するショップや、デパートなどが主な営業先となり、同じ営業でも対象が違うことがわかります。

営業とはつまり自社の商品の良さをアピールし、仕入れてもらうことが目的になります。

まずは自社の商品を売ってくれるところを見つけなければ、どんなに優れた商品でもお客の手に渡ることはありませんから非常に重要な仕事だと言えます。

アピールするためには自社の商品を知り尽くしていないといけませんから、豊富な商品知識も求められます。

ただ、知識があればよいというものでもなく、コミュニケーション能力も求められます。

営業とはとても難しい仕事で、商品が良ければそれをアピールするだけで結果が出るというものでもありません。

時には営業先の担当者に気に入られることがもっとも重要なポイントになることもあるでしょう。

そのため、知識だけでなくコミュニケーション能力も必要になるのです。

そういった意味では、人と話すことが好き、というのもアパレルの営業職に求められる資質の1つになるでしょう。

自分の仕事のやり方次第で自社の商品が売れるかどうかが決まると言っても過言ではありません。

ノルマなどがあればプレッシャーも大きくなるものの、非常にやりがいのある仕事です。

Copyright(c) 2013 アパレル正社員募集サイト情報【ファッション社員なび】 All Rights Reserved.